ブログトップ | ログイン

幻に魅せられて…

四才の記憶…

私が岐阜に住んでいた頃の幼い記憶…実話です。
b0093678_20555763.jpg

ワラビ採りをすると、ふっと…あの日の記憶がよみがえる。
小さいながら、ワラビのみそ汁が大好きな私は、この日も母に連れられワラビ採りに
出かけた。田舎で民家も無い山奥でした。ワラビを摘んだ帰り道、何故か?後ろが
気になり、振り返ったときだった!!目の前に ”真っ白な小人”がいた!距離にして
30mといったところか…私は母の腕を強く引っ張り、その方向を指差した…
母は声がでなかった…白い小人は崖をスタスタと歩き、森に消えた…

Moreそのイメージ
# by umisanjin | 2006-05-19 21:23 | 不思議 | Comments(10)

新種発見!!!

山の中を歩きまわっていたら、葉っぱの上に黒い物体が…
ん?これって…ユウ、エヌ、ケイ、オウ?!?!?
よ~く見ると、角が伸びてきた。あ!ナメクジ!しかも黒い
今まで、出会ったことないぞ。もしかして ”世紀の大発見?”
b0093678_659423.jpg

                    ↑ 全長 約4cm
# by umisanjin | 2006-05-17 07:05 | 生物 | Comments(4)

運命の出会い

今回、山菜採りに私の父を同行していた。帰り、ブログで知り合った
哲さんの所へ。
b0093678_21481439.jpg
午後3時頃、到着。近くで℡をすると、奥様と共に車で
出迎えてくださった。初めまして~!!自然と握手を交わしていた(嬉)
とても気さくで明るい印象!お庭ではBBQの準備までされ(恐縮)
食材がならんでいた…おっと!忘れとった。うふふ、アレ、アレ♪
酒(加賀鳶極寒)と釣った岩魚。哲さんお土産~!早速、哲さん
岩魚に串を打つ。内一匹は骨酒に!(あ~車の運転が…)
父が代わりに飲む。しかし、一口だけ…旨い!(当たり前か)
食べることを忘れ、食材は黒こげに…(ゴメンナサイ)
しばらくして、工房に案内してもらう。 ここか…すごい道具が並んでいる。
隣の部屋には、アノ机が!あ!これだ!ブログにあった羽、、、、、、。
断りもなく手にとってみる。軽くて小さい暖かい作品に触れた…。
私が彫刻に興味があることを話すと、アレよアレよと木片が手渡された。
私へのプレゼント♪~~これで何を作ろうか?
b0093678_21493934.jpg

それから、おおらかで天使のように美しい奥様と、可愛い二代目にも逢えた。
楽しく、充実した休日を過ごせました~。
     ありがとう!!!哲さん!!  また来るよ!
# by umisanjin | 2006-05-16 21:56 | ブログの友人 | Comments(12)

岩魚の料理

今回は雨がず~っと降っていた為、山での焚き火料理を
御見せ出来ませんでした。残念…………。
ということで、家庭でも作れる料理を紹介します。
b0093678_632492.jpg




   ”岩魚の蒲焼丼”  他のお魚を代用してもイケマス!!!
b0093678_675096.jpg


作り方

*岩魚(大きいヤツ)を三枚に下ろす。腹骨も包丁ですいて下ごしらえ。

*切り身の水分をキッチンペパーで取り、片栗粉にまぶし、粉をはたいて
  170℃の油でキツネ色に揚げる。

*油を切ったら、タレの中にくぐらせ、用意しておいた、どんぶり御飯の上
  に載せ、好みでタレを廻しかけて、薬味や季節のものをトッピングで
  できあがり!!

(@@) タレの作り方

*しょうゆ 1。
*みりん  1。
*砂糖   1。
*酒少々

鍋に上記の材料を入れ煮詰めるだけです。
深みをだすなら、焼いた岩魚の頭をいっしょにぶち込むと
ダシがでます。


b0093678_6333463.jpg

       残った骨は片栗粉を付け、唐揚げに!!
       仕上げに塩こしょうをかけて……パリポリ♪
       岩魚は旨~~~~いのダ!!!!
# by umisanjin | 2006-05-16 06:41 | 自然からの贈り物 | Comments(8)

山菜と料理

山菜といえばコレ!がポピュラーです。b0093678_21234265.jpg

タラの芽
天ぷらが定番です。
ホイルに包んでお魚の
切り身とバター適宜
味噌少々加えてオーブンまたは、コンロの
上で十五分加熱。
味噌バターが…旨!!

これはコゴミです。
アクがなくどんな料理にも
向きます。b0093678_2128376.jpg

      モミジガサ          
b0093678_21302950.jpg

私はこれが一番山菜らしいと思うんです。
おひたし、天ぷら。香りと食感が素晴らしい。
茹で加減がアルデンテならOK!
水でさらす。



                おとなの味…ふきのとう
b0093678_21451644.jpg

b0093678_2148571.jpg

モミジガサ、ふきのとう、タラの芽の天麩羅

b0093678_21515952.jpg

   コゴミのからしマヨネーズ和え。
   茹でて、カニかまぼことマヨネーズ、からしであえ
   ダシ少々としょうゆチョッピリが隠し味。



b0093678_21583783.jpg

    ネマガリ竹のホイル焼き
    このダシしょうゆは旨い!
    タケノコの甘みと旨みを
    ひきたててくれる。
# by umisanjin | 2006-05-15 22:04 | 自然からの贈り物 | Comments(6)

癒されたなら幸せです…